IoTスイッチのベースとなっているRaspberry Piについて

ほとんどのIoTスイッチのDIYキットは、Raspberry Piをベースに動いています。ここでは、Raspberry Piについて、基本的な事をご説明します。

Raspberry Piについて

1.Linuxを搭載したコンピュータ

Raspberry Piは、コンピュータ科学の教育促進を意図として開発され、現在は、ビジネスの試作品、プロトタイプ作成など、幅広く利用されています。

Raspberryは、(Debianがベースになっている)Raspbianと言うLinuxベースのOSで動いているとても小さなコンピュータです。

 

2.手のひらサイズの高性能コンピュータ

 

そして、手のひらサイズ(一番小さなものは、フリスクサイズ)にも拘わらず、2000年代後半のパソコンと同程度の性能を持ち、安価で低消費電力である事が特徴です。

 

3.SDカードをストレージとしている

多くのコンピュータは、OSやソフトウェアを保存するストレージに、ハードディスクドライブ(HDD)やソリッドステートドライブ(SDD)を利用していますが、Raspberry Piは、起動や長期保存にSDカードを利用しています。

その為、現在のOSの設定を丸ごとSDカードに保存して、バックアップを出来たり、違うSDカードに差し替えて、違う設定で動作する事が可能です。

 

4.GPIOピンでいろんなセンサーと接続可能

そして、Raspberry Piのもう一つの特徴として、GPIO(General Purpose Input/Output)という、汎用入出力の端子がついています。(写真の赤枠の中)

このピンがあるから、ジャンパーワイヤー経由で、いろんなセンサーと繋ぐことが出来、センサーからの値を取り込んだり、Raspberry Piからサーボモータなど、アクチュエータ(入力されたエネルギーを物理的運動に変換するもの)に信号を送って、動作させたりすることが出来ます。

営業日カレンダー

  • 今月(2019年10月)
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    
    翌月(2019年11月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    (      発送業務休日)